60代に入ったら荷物を整理して広いスペースの暮らしをする

60代に入り、身の回りのものを整理する気持になりました。

これまでは便利なものを購入したり、衣服類は季節のものを買っていました。
まずこれを必要最低限に抑えることから始めました。これからの暮らしは現在あるものをいかにして整理していくかを目標にします。

衣類は何年も着ないものがタンス等に眠っています。

これを処分すれば良いのですが、いざ始めて見ると中々踏ん切りのつかないことが分かりました。


自分で基準を設定して捨てるものは思い切って捨てないと収納スペースが狭くなり、引いては家の中が狭くなります。10年前に購入して、現在着用しないものは今後共暮らしには不要です。

愛着心を出来るだけ排除して整理する必要があります。

以前から読書に興味があったので一時的に本が増えたのですが、これは思い切って処分しました。

時々手に取りたい時がありますが、普段の暮らしを広く快適に過ごすためには必要であったと理解しています。

また、写真がたくさんあります。


古いものはネガと一緒に保管してあります。

これは未だ整理してないのですが折を見て処分できるものを選ぼうと考えています。

写真は当人以外の人間にとって整理しにくいものです。


残すものと処分するものを分類するのは必要なことです。

自分の趣味を一つくらいは場所を取ることを自ら許そうと考えています。

私の場合はDVDです。

これまで録画したもの及び購入したものは一種の宝物です。

身の回りを徐々にシンプルにして、広いスペースで暮らして行くのは大切なことです。


銀座の歯科について分かりやすくまとめてあります。

アンテナ工事の新築に有益な情報の紹介です。

大阪のニキビ治療の評判にはこちらのサイトが最適です。

豊中の家庭教師に関する最新情報はこちらです。

美容整形の相談関連情報を紹介しています。